2018年12月29日

JX童話賞の「童話の花束」を読んでみました。



今年も童話の花束が贈られて来ました。


思えば、今年前半に3か月かけて
書いた童話「迷子になったのぼくのせい?」は落選し、

全力で書いたとは言え、

たったの3か月で結果を出そうという自分は浅はかで
虫が良過ぎるのかなと思った次第です。


立派な作品集を見ていると
しみじみ自分の無力さを痛感しました。


これまで童話の花束をじっくり読むこともせず、
さらっと読むくらいだったので

今回こそは改めてよく読んでみることにしました。


来年また挑戦するために、
少しは受賞作品を研究してみたいと思います。



・「月の道」富田龍一

はるか遠くにあるはすの月が
なぜか海まで落ちてきた。

主人公の漁師が舟で月に渡り、
そこに亡くなったはすの妻がいた。
何とも奇想天外なお話。


絵込みで読むとストーリーを理解できますが、
文章のみだったらけっこう分かりづらい
印象でした。

これが大賞を取ることに対して賛否両論あると
思います。

私は正直これが大賞とは…!?と驚きました。
審査員の先生方の好みなんでしょう。

童話という世界も奥が深いと思いました。
評価56点



・「ばあちゃんからのラブレター」斎藤まどか

母親を事故で亡くした父子家庭の男の子と
母親代わりの祖母の交流のお話です。

祖母が男の子にお弁当を作り、手紙が添えられていました。
その手紙に困惑する男の子。

ただ、祖母のお弁当は美味しく、感謝もしている。
複雑な気持ちが表現されています。
評価63点。



・「おいっ子のギモン」井手孝史

中年になると髪の毛が薄くなり、禿げたりしますが、
その現象を髪の毛が旅に出ていなくなったという
仮定のお話しです。

発想は飛び抜けている訳でもなく、普通かなと思います。

でも、子ども向けのお話しとしては面白いかもしれません。
評価58点



・「夢布団」朝岡みゆき

個人的に、今回の童話の花束の中で一番好きなお話しでした。
綿の代わりに夢を詰める夢布団。

男性はお母さんの夢布団をオーダーメイドしました。

夢の中に亡くなったお母さんが現れて、
思い出を回想する。

優しさを感じるお話しでした。
評価83点



以上最優秀賞、優秀賞、佳作から1点を選んで読んでみました。

じっくり読んでみると良い作品が多いなぁと思いました。

自分が好きな作品は最優秀賞より佳作でしたが、
好みなので仕方ありません。

受賞作品の良い所を学びつつ、
自分の考え方や価値観も大事にしていきたいです。

来年もめげずに応募するつもりです。


posted by tomo at 16:31| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

スペースワールド昨年入場190万人 閉園惜しむファンで急増

仲間と共に戦う白熱の
ギルドバトルRPG!



 2017年12月末に閉園したテーマパーク「スペースワールド」(SW、北九州市)の昨年1年間の入場者数が190万人を超えたことが分かった。

運営会社の親会社だった加森観光(札幌市)が明らかにした。


閉園を惜しむファンらの駆け込み来園によるもので、
全盛期だった1990年代後半に迫る水準。全国のテーマパークで4位になるとみられる。


 テーマパークの調査などを行う調査企画会社「綜合ユニコム」(東京)によると、190万人超の入場者数は、東京ディズニーリゾート(千葉県)▽ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)▽ハウステンボス(長崎県佐世保市)-に次ぐ規模という。

 SWは90年開業。05年に加森観光が新日本製鉄(現新日鉄住金)から営業権を引き継いだ。
年間入場者数は97年度に最多の216万人を記録したが、01年度に200万人を割り込み、07年度には過去最低の147万人まで落ち込んだ。

その後は若干の回復傾向が続き、16年12月の閉園発表後、17年は来場者が急増した。

 加森社長は「最後に多くの方に来場いただいたのは、皆さんに愛されたことの証しだと思う」と振り返った。


運営の加森観光社長は、西日本新聞の電話取材に、
経営譲渡後の12年間を振り返り、閉園への思いやファンへの感謝を語った。


─12年間を振り返りって。

「楽しく仕事をさせてもらった。経営譲渡された05年当時は、地元の利用客の減少が顕著だった。
地域密着路線への転向が必要だと思い、プールやスケート場を開設、年間パスポートの値下げを断行した。
利用者は数年で回復傾向に転じた。」


─その分「宇宙」という開園時のテーマは薄れた。

宇宙は「未来を追う」と同義だ。
常に新しさを求めなければならず、投資のスピードが速くなり経営に負担になる。だから、社員には「地球大好きスペワ」をテーマにしようと言ってきた。」


─なぜ閉園したのか?

「契約や相手があり、諸般の事情としか言えない。閉園の決断はつらかった。
閉園発表後、大勢のファンが詰めかけ閉園を惜しんでくれた。愛された証明だ。
ただ、やれる範囲とやれない範囲がある。」


─地元に一言。

「本来、地元に直接出向いて挨拶をしたいが、契約上それはできない。
「お世話になりました。ありがとうございます。」と言いたい。」
(西日本新聞記事より)


入場者数が、190万人超えはすごいですね。

北九州市の人口の2倍くらいになりますね。


私は、結局一度も行く事なく、閉園してしまったけど、
根強いファンがいたんですね〜。


閉園の理由は、色々言われていますが、
施設の老朽化で更新費用が大きいのも一つの理由みたいですけど。


少子高齢化もあり、テーマパーク経営は難しいとは思いますが、
魚🐟を埋めたスケート場やCMが話題になったり、
最後に盛り上がって良かったですね〜。


【動画】今は亡き愛犬シロちゃん

■舟石権現というパワースポットに行ってきました

■旅の最後は、二十六聖人殉教地です。

■長崎ヘーフリ坂へ行ってきました。






【福岡佐賀情報局】【福岡佐賀情報局】




posted by tomo at 15:42| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

フレスポ鳥栖8周年〜プロレス特別興行【動画あり】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

伝説のプロレスラー藤波さんと長州力さんが、フレスポ鳥栖に
来場するなんて、
往年のプロレスファンにはたまりません。

もちろん急遽観に行くことにしました。


会場に行くと、ドタ!バタン!と激しい音が漏れ聞こえて来ました。
ダブルアームスープレックスや金的攻撃も飛び出すなど、前座の試合も、結構白熱して面白かったです。




そして、ついにメインイベント藤波、長州力、サガン虎組の入場〜。




一瞬ではありましたが、長州力の必殺技 サソリ固めも見れました。




試合開始から10分が経過して、あとは、いよいよ来るかリキラリアット!

期待が高まる中、あっ!なんとあっけなくサガン虎がフォール勝ちを収めました。w




「勝者、サガン虎〜!」

地元のサガン虎に華を持たせるなんて、心にくいですね〜。


目の前で熱いファイトを堪能して、
帰ろうと駐輪場へ行き、
荷物を整理していると、突然扉が開いて、
なんとマスクマンが出てきました。

すぐ目の前を通って行き、
追っかけも数人いましたが、急なことだったので、
私は追っかけることも出来ずにちょっともったいないことをしたなあと思いました。


でも、楽しくてホントに来て良かったなあ。

改めて プロレス最高!と思いました。\(^o^)/



それでは(´・ω・`)/~~


【おすすめアンケートサイト】〜登録するだけで30ポイントGET出来ます
新規モニター登録


■長崎二十六聖人殉教地です。

ラベル:8周年
posted by tomo at 15:55| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

福博の夜「屋台新顔」好評、外国人オーナーも新規参入

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!


「やっと開店できた。福岡のことが大好きだから、何でも聞いてね♪」

4月28日夜、福岡市中央区渡辺通りに

オープンした 洋風屋台「レミさんち」。


オーナーのフランス人、グルナー・レミさんは、
上機嫌で話した。

新規参入店のオーナーで唯一の外国人。


屋台はワゴン風で、テーブルは立ち飲みも
できる高さに設定した。


友人3人と立ち寄った女性は、

「開放的でふらっと入れる雰囲気がいい」とビールをグビリ。


メニューは日仏英の3カ国語をそろえ、近く中国語と韓国語も追加する。


福岡の屋台に市が公募した経営者が加わって1ヶ月。

新規参入14店の多くは、
4月1日の営業初日に間に合わなかったが、

4月末までに11店が開店。


他にふぐ料理専門店の 「ふぐちゃん亭」
は、

ふぐの天ぷらうどんやヒレ酒が人気だ。


オーナーによると目下の悩みは、昼から始める仕込み。

繊細な作業が必要で、
屋台の設営を始められる午後5時に現場に着けない。

「屋台を組み立てる前にくたくた。短縮できる方法を考えんといかん」


組み立てと解体を繰り返す屋台のスタイルに

戸惑う新規参入者は少なくない。


ジビエ料理の屋台「情熱の千鳥足」


営む東耕一郎さんは、撤収する際に
運搬車から屋台が離れ、屋台が損傷した。

2日間の休業を余儀なくされたが、

再開当日は、大勢の客で賑わっていた。


福岡の屋台は、飲食店と言うより

文化そのものですね。

名義貸しや衛生面等の問題も解消し、

これから質が高く、面白い屋台が出てくると

いいですねえ。 (´・ω・`)


それでは(´・ω・`)/~~


おすすめアンケートサイト〜登録するだけで30ポイントGET出来ます
新規モニター登録


■長崎二十六聖人殉教地です。

【動画】今は亡き愛犬シロちゃん


■舟石権現というパワースポットに行ってきました

■旅の最後は、二十六聖人殉教地です。

■長崎ヘーフリ坂へ行ってきました。

■長崎ランタンフェスティバルへ行ってきました。

福岡の中心で愛をさけぶ

ラベル:福岡屋台
posted by tomo at 21:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

くら寿司のちく天ぶっかけうどんと博多ラーメン膳に行きました


くら寿司のちく天ぶっかけうどんと博多ラーメン膳に行きました




前から気になっていた くら寿司のちく天ぶっかけうどん。

値段が300円くらいでコスパが良いのと
見た目も美味しそうだったので、
いつか食べてみようと思っていました。


ようやくくら寿司に行く機会があって、

カウンター席に座り、タッチパネルを操作。


天丼、牛丼、らーめん、シャリカレーパンまで
もはや何でもありのサイドメニューから

ちく天ぶっかけうどんを選択しました。


しばらく待つと専用レーンで
ちく天ぶっかけうどんが到着しました。
CIMG0381.JPG
ミニ列車で運ばれてくるのも、
ゲーム感覚で楽しいですね。


ちく天ぶっかけうどんは、汁は少なめなので、

軽く混ぜ混ぜして、汁を絡めて食べると
より美味しくなります。


さすがにうどん一杯だけでは気が引けるので、

アサリの握り をチョイスしました。

アサリは好きですが、食べた時に、
ジャリ‼ ︎としたのが、少し残念だったかも(´・ω・`)

砂が残っていたのでしょう。


この ジャリ‼︎ が無かったら、完璧に満足出来たんですけどね。

好きだけど、砂があるかもしれないアサリを選ぶべきか、
それとも、リスクを侵さずに無難なネタを選ぶべきか?

次は、他のネタにしてみようかな。(´-`).。oO


夕食は、 博多ラーメン膳 にしました。

これもコスパが良いので、引かれました。


おいしいラーメン280円、ニンニク50円
合計330円

CIMG0386.JPG
久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しい‼︎


ニンニクを絞って、ラーメンに入れ、
しかもそのスープを飲み干したので、

かなり ニンニク臭 が漂っていたみたいです。


家に帰って、母ちゃんが ニンニク臭 に気づいて、

「なんか食べてきたね。」と言われました。ビクッ( ̄┏_┓ ̄;)!!


みなさんもニンニクを絞って、食べてみてはどうでしょう?

ただ ニンニク臭 には気をつけてください。
パワーつきそう〜。


それでは(´・ω・`)/~~


■長崎二十六聖人殉教地です。

■舟石権現というパワースポットに行ってきました

■旅の最後は、二十六聖人殉教地です。

■長崎ヘーフリ坂へ行ってきました。

■長崎ランタンフェスティバルへ行ってきました。

【動画】今は亡き愛犬シロちゃん


福岡の中心で愛をさけぶ

posted by tomo at 14:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。